永久脱毛

二種類の脱毛法

TBC

永久脱毛の方法には、ニードル脱毛とレーザー脱毛の2つの種類があります。

 

ニードル脱毛は毛根に細い針を刺して、その針に微弱な電流を流すことで毛根細胞に熱を加え、細胞を破壊することで脱毛します。非常に高い永久性のある脱毛効果が期待できるのですが、脱毛処理をするときにかなりの痛みを伴います。

 

また、毛を一本ずつ脱毛処理をしていくので、非常に時間がかかってしまいます。しかし、最近流行しているデザイン脱毛をおこなうには適した方法で、少数ながら利用している人はいるようです。

 

ニードル脱毛は医療機器を使用しないため、病院やエステサロンでもおこなわれている方法です。

 

一方、レーザー脱毛は脱毛処理を受ける人の身体への負担が軽いことで、最近では永久脱毛の主流となっています。

 

その仕組みはメラニン色素の濃い部分に反応する波長を放射するレーザーを使用し、脱毛する部分に照射して毛根細胞を破壊します。

 

一度に広範囲の脱毛処理ができるため、ニードル脱毛と比べると非常に短時間で処理できます。また、痛みが軽いので比較的手軽に脱毛処理を受けられるのも大きなメリットです。

 

ただし、レーザー医療機器を使用するためエステサロンなどでは使用できず、皮膚科や美容整形外科などでのみ行われている方法です。